【薬中のカリスマ】田代まさしの犯罪歴(略歴)や自虐面白ネタまとめ

覚せい剤を扱わせたら右に出るものはいない”薬中のカリスマ”こと田代まさし様の輝かしき歴史や、ダークな面白ネタをまとめました。

田代まさしとは?

日本の歌手・タレント・コメディアン。TV出演の他にも、司会者、映画監督、盗撮専門カメラマン、作詞家、覚醒剤常習者、Youtuberとしても有名な多彩な才能を持つ。

ラッツ&スターのメンバーだが、同メンバーにもSNSのフォロー申請を断られるという、圧倒的オーラから人を寄せ付けない能力の持ち主。そのオーラからカリスマとあがめられている。

カリスマの歴史・略歴

常人では到底及ばない、輝かしい経歴を持つ

—1980年2月25日—
シャネルズ(後に「ラッツ&スター」に改名)でメジャーデビュー。
シャネルズはメンバーが10人いたが、半分の5人がわいせつ行為で書類送検された伝説のユニットとなる。

志村けんにそのお笑いセンスを見出され、タレント・コメディアンとしてTVによく出るようになる。
「ダジャレの帝王」、「ギャグの王様」、「小道具の天才」と呼ばれレギュラー番組を何本も抱える売れっ子となる。

—2000年9月24日—
女性の下着を盗撮しようとして書類送検。
『ミニにタコができる』というタイトルのギャグ映像を作ろうとしていた」と説明した伝説の会見でも話題となった。

—2001年12月9日—
近所の男性宅風呂を覗いたとして軽犯罪法違反容疑で現行犯逮捕(1回目)。
さらに自宅から覚醒剤が発見され、覚せい剤取締法違反容疑で再逮捕(2回目)。
薬中のカリスマ伝説の幕開けとなる。

—2003年6月16日—
杉並区梅里を運転中に、青梅街道の「転回禁止」の場所でUターンしてオートバイに乗った男子学生に衝突し、大ケガをさせる人身事故を起こし業務上過失傷害と道路交通法違反容疑で書類送検。

—2004年9月20日—
覚醒剤及び刃渡り8cmのバタフライナイフを所持していたとして銃刀法違反と覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕(3回目)。
執行猶予中の再犯のため、懲役3年6か月の実刑判決となる。

—2010年9月16日—
職務質問を受けた際、コカインをポリ袋に入れて所持していたことが発覚し麻薬及び向精神薬取締法違反の容疑で現行犯逮捕(4回目)。
懲役3年6か月の実刑判決。

—2015年—
民間の薬物依存リハビリ施設という謎の組織「ダルク~DARC~」の一員となる。

—2015年7月6日—
東急電鉄二子玉川駅のホームで女性のスカートの中を盗撮しようとしたとして東京都迷惑防止条例容疑で書類送検。

—2019年6月—
Youtubeチャンネルを開設。

—2019年11月—
東京都杉並区の自宅に於いて覚せい剤を所持していたとして、2件の覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕(5回目)。
9年ぶり5回目の逮捕となった。

自虐・面白ネタ

アジアの純真替え歌

アヘン・コカイン・マリファナ・ヘロイン
たまにやってパーになって
やらんふりして たまにはやらないか

アジアの純真の作詞を担当した井上陽水も過去に大麻所持容疑の逮捕歴があるという、高度なギャグセンスを披露。

(youtubeより)

田代まさしさんの替え歌

マサシ

芸人ヒロシのパロディネタ。
後輩のネタを広めてあげる優しい先輩の一面も見せる。

(youtubeより)

田代まさし 2018年8月 宮城県でヤク中ネタ披露

ブラック ・マーシー

youtubeチャンネル『田代まさし ブラック マーシー半生と反省を語る』より
刑務所内での輝かしいキャリアを語る動画を多数アップしている。

ブラック ・マーシー 刑務所はつらいよ 危ない奴

コメント

タイトルとURLをコピーしました