【初心者向けマニュアル】StockX 登録・出品、UPS集荷・発送手順、入金完了まで~販売方法まとめ~

StockX(ストックX)を初めて利用する方に向けた『StockXで初めて販売する方法』完全マニュアルをまとめました。

アカウント登録から入金までの手順・流れをはじめ、自分が初めて利用した時に分かりずらかったポイントの解説や、実際にかかった手数料・送料などの費用の合計もまとめています。

全体の流れ

① StockXのアカウント作成

② 出品・販売登録

③ 梱包とUPSへの集荷依頼

④ UPSを利用した発送

⓹ 入金の確認

アカウント作成

まず、StockX(https://stockx.com/ja-jp/)にアクセスし、アカウントの新規登録を行います。

各種SNSのアカウントや、メールアドレスを利用した登録が行えます。

メールアドレス登録を行った場合、登録したアドレスに認証メールが送られてくるため、メール内の認証リンクをクリックして認証を完了させておきましょう。

アカウント作成手順詳細(公式)

出品・販売

~出品・販売の全体の流れ~

1.販売したい商品を検索・選択する

2.サイズと販売希望額を決定する

3.個人情報や振込先情報を登録する

4.出品・販売を行う

StockXページの(キーワード)検索ウィンドウから、販売したい商品を検索し、選択します。

すると、上記のような商品ページが表示されるため、「購入」ボタンか「販売」ボタンをクリックします。今回は売りたいため「販売」ボタンをクリックします。

靴のサイズを選択する画面が表示されます。

靴のサイズはアメリカのサイズ(US)が表示されていますので、日本のサイズとの比較表を確認して、サイズを選択しましょう。

 

「希望額を提示」するか「今すぐ売る」かを選択します。

「希望額を提示」した場合、その価格で買いたい人が現れた時に注文が確定し、「今すぐ売る」を選択した場合はすぐに注文が確定します。

初めて販売する場合、この後、個人情報の登録とクレジットカード番号の登録、振込先情報の登録を行う事になります。

クレジットカードと個人情報(名前・住所・電話番号)の登録

振込先登録が必要な旨のメッセージが表示されるため「変更」ボタンをクリック

個人か会社かを選択。こちら読まれている方はだいたい「個人」の選択になるかと思います。

「支払方法の追加」ボタンクリック

支払い方法(売上の入金先)を選択します(2020年時点ではPayPalのみ)

登録が終わると、

販売画面の「お支払い方法」が「有効」になります。

これで販売が可能なので「販売確認」ボタンをクリックします。

ここで「StockXで販売する前に、メールアドレスの認証が必要です。」というメッセージが表示された方は、アカウント登録後の認証メールの確認が終わっていません。

アカウント登録後に登録したアドレス宛に送信されるメールを確認し、メールアドレスを認証しましょう。(リンククリックのみで完了する)

最終確認画面が表示されるので、スニーカーの種類、サイズ、販売金額を確認し、出品・販売しましょう。

出品が問題なく完了すると、ページ上部「アカウント」の「プロフィール」から販売状況を確認できます。

「希望額を提示」した場合、「取引状況」欄に注文が表示されており、

「今すぐ売る」とした場合、「進行中」欄に注文が表示されます。

また、「今すぐ売る」を選択した場合でも、自分が手続き中に他の注文が入ってリクエスト金額が下がっていた場合には即販売とはならず、「取引状況」欄に記載される事になります。

出品内容は「取引状況」の右欄にある編集ボタン・削除ボタンを押すと、価格の変更や、削除が可能です。

商品梱包・発送準備

~出品・販売の全体の流れ~

1.発送に必要な用紙を印刷

2.印刷した用紙に署名を記入

3.梱包

商品が売れたら、発送の準備を行います。

進行中欄の「配送ラベルを印刷」「インボイスを印刷」から必要な用紙を印刷します。

「配送ラベルを印刷」
①を1枚、②を2枚印刷する

「インボイスを印刷」
インボイス(Invoice)が3枚と書類の説明が1枚ありますが、発送に必要なのはインボイス3枚のみなので、インボイス3枚を印刷する

※プリンタを持っていなくても、コンビニでネットプリント(1枚20円)できます

上記が発送に必要な用紙(計6枚)になります。

3枚のインボイスには署名欄があるため、3枚全てに署名(氏名と日付の記入)します。

「この商品確認書を商品の箱の中に入れてください」という用紙は、靴箱の中に入れます。残り5枚は荷物集荷時にスタッフさんに渡すので保管しておいてください。荷物に貼りつける、ホッチキスでとめる等は不要です。そのまま渡せばOKです。

商品を一回り大きい箱に入れ、隙間に緩衝材を入れます。

ガムテープでこんな感じに封をして、これで発送準備完了です。

発送

用紙を印刷して、荷物の梱包も完了したら、UPSに集荷依頼を行います。

UPS事業所へ持ち込んで発送も可能ですが、近くにない方は電話で集荷の依頼をしましょう。

お客様サービスセンター (小口貨物・エクスプレス輸送部門)
Tel.: 0120-27-1040(フリーダイヤル)
海外からのお問い合わせ:
(81) 3-5484-5834
Fax.: 03-5484-5835
月-金: 09:00-18:30
休日: 土曜・日曜・祝日
※休日は電話も通じません

StockXの販売完了から出荷まで2営業日(休日を除いた日数)以内にやらないといけないため、UPSへの集荷依頼までは出来るだけ早く実施する必要があります。

週明け等の電話が混雑している時には、電話がつながるまで5分程度かかり、通話時間は5分程度で終わります。

オペレーターに繋がると、今までUPSを利用した事があるかどうか、荷物のトラッキングナンバー、集荷先(住所)、電話番号を聞かれます。

荷物のトラッキングナンバーは印刷した用紙に記載があります。TRACKING#とある「1Z」から始まる番号です。

初めての方でもUPSを初めて利用すると回答すれば、以後かなり丁寧に対応していただけます。

集荷のタイミングは終日対応となるので、受け渡しが出来ない時間を伝えます。

あとは集荷にきたスタッフさんに、荷物と印刷した上記用紙5枚(配送ラベル②を2枚、署名済のインボイスを3枚)を渡せば出荷完了です。

ちなみに電話で依頼してから1~2時間後くらいには取りに来てもらえます。

集荷が終わると、stockXの管理画面の配送状況が「StockXへ配送中」と更新されます。

この配送状況を確認できれば、こちらの作業は全て完了です。

入金・かかった費用

集荷完了(発送)してから1週間くらいで、本物かどうかの鑑定が終わり振込完了のメールが届きます。

PayPalのアカウントに間違いなく入金がされている事を確認して取引完了です。

~実際にかかった入金までの期間~
12月12日(土) 販売
12月14日(月) 集荷(発送)
12月20日(日) 鑑定完了・入金

~取引にかかった費用・手数料~
\54,000の商品を販売した場合、
取引手数料(9.5%):\5,130
支払い手数料(3%):\1,620
配送料(一律):\1,800
配送ラベル印刷料(コンビニ):\110
手数料合計:\8,660

※およそ8万円を超える高額な商品の場合は『高級品輸入関税』15%がかかるため注意が必要

~2021/2/24 追記~
日本国内からの配送料の改定
(改定前)1800円
(改定後)1000円
販売額800ドル以上の高級品にかかっていた15%関税手数料を撤廃

~他フリマアプリ等との利益比較~

・StockX
販売額:\54,000
手数料:\8,660
振込額:\45,340

・スニーカーダンク
販売額:\42,000
手数料:\1,000
振込額:\41,000

・フリマアプリM
販売額:\43,000
手数料:\4,300
振込額:\38,700

他のフリマアプリと比較したところ、海外需要が高い商品は販売額の差がかなり大きくなり、手数料は一番かかってしまいますが、最終的な振込額が一番大きくなるケースも多いです。

スニーカーダンクはStockX同様に本物鑑定があり、StockXより簡単に出品・発送ができるため、国内で人気があるスニーカーの販路としてはおススメです。さらに2020年12月現在では手数料無料キャンペーンを実施中です(終了時期未定)
さらに、アカウント作成時に招待コード『5MBS8L』を入力すると3000円分のクーポンがプレゼントされるキャンペーンも開催中です。

利用者が多く、使いやすい国内フリマアプリは、ライトな転売ヤーも多く価格競争が起こります。利用者が多い事から売れやすいですが、やはり利益的には小さくなることが多いです。またすり替えや状態等、ユーザー間の問題が発生する可能性もあるため、高額な商品の取引には不向きです。

前述~2021/2/24 追記~の料金改定により、StockXでは手数料を抑えて取引する事が可能になりました。

StockXはフリマアプリと異なり、取引を運営が仲介してくれるため、ユーザー同士のトラブルになりません。販売者側もすり替え防止、購入者側も本物鑑定されるため、安心してブランド物の取引を行えます。

また、手間が少しかかり、発送がタイトという点を嫌がるセラーがいる中で、世界的なサイトで海外需要も見込める事から、国内での販売額より高く売れる事も多いです。

利用した事がない方は、高額なブランド品の販路の1つとして持っておくと便利だと思います。

コメント

  1. […] ストックXが利用しているUPSという輸送業者が、入力した住所の確認ができないためエラーとなっている。 […]

タイトルとURLをコピーしました