【ゲームトレード(RMT)って稼げる?】1か月やってみた収益結果まとめ

ゲームトレード[GameTrade]』というゲームのアカウントやデータを売買するサイトがあるのですが、実際どれくらい売れるのか興味があったので、やってみました。

こちらの記事では、

ゲームトレードはどれくらい稼げるのか、実際の売上金公開

副業としてのメリット・デメリット

という情報をまとめています。

※ゲームアカウントの売買は、各ゲームの利用規約により禁止されている場合があるため、事前に利用規約は確認するようにしましょう

どれくらい稼げる?

以下の条件でやってみました。

・1か月間

・アプリゲームの無課金プレイ

・リセマラアカウントの販売

・ある程度レベルを上げたアカウントの販売

・日常生活への負荷が無いように、1日平均2時間くらいプレイ

その結果、

1か月でこのような収益になりました。

後半あまり売れてないように見えますが、この原因は忙しくてあまりゲームやれなかったからです!笑

じゃあ1か月じゃないじゃん!というツッコミはありますが、前半は多少多めにやっているので平均をとると1日2時間くらいプレイしているはずです。

ゲームトレードでは取引成立すると、手数料が販売金額の8.8%かかるため販売利益一覧を見ると、手数料がひかれた実際の利益が確認できます。

1か月の収益合計は、16,779円

時給換算すると 16779÷60= 280円/時

時給にすると物足りなく見えますが、暇な時間に、趣味の一環としてやった程度と考えると、これぐらいもらえればいいのかなぁという水準でした。

以下、やっていてわかった事です。

リリース1~2週間以内のゲームはリセマラアカウントの方が時間に対する利益率が良く、それ以降のゲームはそれなりに進めたアカウントの方が利益率が良くなる。

プレイヤーのランクやガチャを引くために必要な石の数より、最高レアリティのキャラクターの所持数が多いアカウントの方が高値で売れる。

人気があるゲームの方が需要はあるが、その分ライバルも多いため、リリースから時間がたつにつれ、価格競争が始まり急激に相場が下がる。逆を言えば人気があるゲームのリリース直後はリセマラアカウントでも高値で売れる事がある。

数日~1週間の間「いいね」が全くつかない出品物は、価格が適切じゃない場合や、出品内容・商品説明文に不備が考えられるため、対応が必要。

副業としてのメリット・デメリット

副業としてRMT(リアルマネートレード)を考察した時、どんな人に向いているのか等、メリット・デメリットをまとめました。

~副業としてのメリット~

ゲーム好きには趣味の一環で楽しんでお金がもらえる

完全に自分のペースででき、信号を待っている間等、かなりの短時間でも着手可能

ある程度進めたアカウントの方が高く売れるため、新作アプリゲームをよくやるが、すぐに飽きる人にはかなりオススメ

~副業としてのデメリット~

時間に対する収益率は低い

ゲームに興味がない人には不向き

こんな感じです。

収入としては低いですが、そもそも仕事と考えないで、飽きてやらなくなったゲームのアカウントを販売するというのが一番効率良さそうなので、アプリゲームが好きな人にはおススメの副業です。

ちなみに、ゲームアカウントで費用が発生するタイミングは、

・取引手数料(販売金額の8.8%)

・売上金を指定の銀行に振り込む時の振込手数料(220円)

の2つで、会員登録料や年会費等は一切かかっていません

興味ある方は、こちらのゲームトレード[GameTrade]公式ページから無料会員登録して、やらなくなったゲームアカウントを販売してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました