アデノウイルスとは?症状・治療法・予防方法・感染可能性まとめ

先日、市川海老蔵さんが『声が出なくなった』という事で、公演をお休みしました。

今まで病気を理由に休演をしたことが無かった海老蔵さんがおかされたのは『アデノウイルス』というウイルスでした。

このウイルスは私たちも感染する可能性があり、さらに感染力が強く、特効薬がないウイルスなのです。

こちらの記事では、アデノウイルスについて、症状・予防・かかってしまった時の対応等を簡単にまとめました。

アデノウイルスの症状は?

のどの痛み、高熱3日~5日や、結膜炎、胃腸炎等、症状は多岐にわたる。

アデノウイルスのタイプは50種類以上もあり、感染したタイプにより様々な症状が発症することが知られている。

感染してしまうと…

5日~7日間の潜伏期を経て発症します。

ウイルスのため感染力強く、周りへの感染の可能性も大きいため注意が必要です。

また、会社や学校はインフルエンザ同様、2日間の出席停止措置となります。⇒感染対策関連書籍(Amazon)

治療法

アデノウイルスは細菌ではなくウイルスによる感染のため、抗生物質が効かず、根本的な治療法は現在存在しません。

症状がおさまるまで水分をとり安静にしましょう。5日程度で症状は治まります。

予防

石鹸を使った手洗い、うがい が効果的です。

また、除菌グッズも数多く存在します ⇒おススメ除菌グッズ一覧(Amazon)

コラム・雑学, 情報まとめ

Posted by zonosite