【簡単まとめ】東京都が自転車保険加入の義務化へ 罰則や保険料、施行時期について

2019年9月3日、東京都議会に自転車の利用者に損害賠償保険の加入を義務づける改正条例案が提出されました。

こちらの記事では、自転車保険料や、条例違反により罰則等の情報をまとめています。

いつから義務化されるのか

2019年9月3日に東京都議会に自転車の利用者に損害賠償保険の加入を義務づける改正条例案が提出され、これが可決されれば、早くて2020年4月に自転車保険加入の義務化が施行される見通しとなっています。

東京都に先立ち、埼玉県、神奈川県、長野県、静岡県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、鹿児島県など9つの府県や、仙台市、さいたま市、相模原市、名古屋市、京都市、堺市など6つの政令指定都市では既に制定されています。

条例違反による罰則は?

現在のところ罰則はありません。

しかし、未加入だと「条例違反」となるため、会社や学校で「自転車での通勤・通学を認められない」というケースが発生してくる可能性があります。

自転車保険料はいくらくらい?

色々なプランがあるのですが、年間1000円以下で最大1億円が支払われるプランもあり、かなり安価で加入することが出来ます。

情報まとめ

Posted by zonosite