新幹線への大きな荷物持ち込みは事前予約制に。サイズ制限・重量・違反金等の情報まとめ

東海道新幹線への大きな荷物の持ち込みは事前予約制になります。

サイズ制限は?重量は?費用はかかる?等、情報をまとめました。

新幹線荷物持ち込み事前予約制内容

【適用される新幹線】
東海道新幹線、山陽新幹線、九州新幹線にて実施予定

【予約制開始時期】
2020年5月中旬~

【制限内容】
予約制の対象は、縦・横・奥行きの3辺の合計が161cm~250cmの荷物。251cm以上は持ち込み不可。
160cm以下の荷物はこれまで通り予約不要。重量判定はなし。⇒持ち込み可能な小型サイズのキャリーケース一覧(Amazon)

予約方法

券売機やインターネットで指定席とともに予約が可能。

予約は先着順で追加料金は発生しない。

予約すると、車内では専用の荷物スペースが割り当てられ、そこに荷物を収納できる。

荷物スペースの盗難防止等の対策も検討中との事。

予約なしに大きな荷物を持ち込んだ場合

予約しないで対象の荷物を持ち込むと手数料1000円がかかる。

なぜこのような制度が?

東京五輪・パラリンピックでは、大きな荷物を携える外国客らが増える事が考えられ、混乱を避けるための措置として設けられた制度となる。

という事で、2020年以降にオリンピック観戦や旅行を計画している方は、今のうちに小型のスーツケース・キャリーケースを準備しておいた方がいいですね。⇒機内や新幹線に無料で持ち込める小型のキャリーケース一覧(Amazon)

情報まとめ

Posted by zonosite