【人気youtuberも利用!】街ブラ等、歩きながら撮影できるカメラ「GoPro」のおススメモデルご紹介!

TV収録や有名youtuberが街ブラ等の企画で撮影によく利用している、人気のアクションカメラ「GoPro(ゴープロ)」

最高の手ぶれ補正や、防水など、外での歩きながら、移動しながらの利用時に最高のパフォーマンスを発揮するアクションカメラとして評判です。

当ページは

GoPro の購入を検討している方

におススメの記事になります

GoPro購入時の注意

フリマアプリ等(正規店を通さない)で購入を検討されている場合は、国内正規品の保証書付きの商品を購入することをおススメします。

保証書がないものは、不良品の場合補償や返品ができないため、高額商品のためあまりおススメしません。

GoProのおススメ機種

GoPro HERO7 Black・HERO8 Black ★一番おススメ!

(出典:Amazon.co.jp)

2019年4月時点で販売されているGoProシリーズで、最上位のモデルです。
⇒2019年10月25日に最新機種『GoPro8』がリリース(Amazon)

HERO7の魅力は何かというと、スタビライザー機能が強化され手ブレ補正機能が最強レベルに進化した点です。今まではスタビライザーを使わないと手ブレ補正できなかったのに、今回のHERO7はスタビライザーが不要なレベルとなっています。

撮影画素数は1200万画素で、ハイダイナミックレンジやローカルトーンマッピング、ノイズ軽減を搭載しているため、暗い場所や明るい場所でも、美しく撮影できるのも魅力のひとつ。動画性能も高く、4K60fps動画はもちろん、高フレームレートの1080p240ビデオ搭載で最大8倍のスローモーション撮影もできます。動きに合わせた安定感抜群のタイムラプスビデオも撮影できるため、少し凝った動画撮影をしたい方にもおすすめです。

またSNS(インスタやtwitter)との連動がとても快適になって、ライブストリーミング機能やスマホ画面でも見やすい縦型の動画が撮影できるようになりました。また静止画(写真)のクオリティーも格段にアップしています。

GoProアプリを入れておけば、見逃せない場面が発生した瞬間にFacebookLiveやYouTubeなどに即座にストリーミングも可能です。

また、今人気のボイスコントロールコマンドも搭載。手がふさがっている時でも、16種類のコマンドでカメラに触れず撮影できます。HERO7シリーズの中で唯一ステータススクリーンが付いているため、バッテリー残量や撮影状況が一目で確認できるところも魅力です。

「何を買ったらいいか分からない」「とりあえず水中で撮りたい」「友達との海外旅行にほしい」という人には間違いなくHERO7にしましょう!! GoProではこれを買っておけば安心です!

HERO6 BLACK CHDHX-601-FW

(出典:Amazon.co.jp)

HERO6 Blackおススメの商品となります。

新機種であるHERO7に比べると多少劣っているものの、HERO6でも十分すぎる機能や性能をもっています!

4K動画、防水、手ブレ補正などすべての機能をカバーしててオールラウンドな一台となっています

2型の液晶ディスプレイ付きで、スマホのようにタッチパネルでの操作が可能です。液晶パネルが付いているので、撮った画像をその場で確認することができるので使い勝手もいい感じ。

前機種に比べると美しさも2倍になっているし、手ブレ機能がすごく強くなっています。またHero6からは暗いところにも強くなったので、暗い場所での撮影でも大丈夫。

旧バージョンのため、価格がかなり安くなっている点も大きな魅力です。

GoPro HERO7 Silver

(出典:Amazon.co.jp)

滑らかでくっきりした4K動画が撮影できる、HERO7シリーズのベーシックモデルです。水や衝撃に強い耐久性と防水性で、水深10mまで潜ることが可能。初心者でも使いやすいタッチスクリーン搭載のため、初めてのマリンスポーツの撮影におすすめです。

撮影画素数は1000万画素で、ワイドダイナミックレンジを搭載しているため、細部まで自然な写真を撮影できるのがポイント。手ブレ補正機能や、タッチズーム機能搭載で、動きながらでもここぞという瞬間を逃しません。動画撮影は広角視野レンズで30fpsの4K動画の撮影が可能。フルHD撮影では1440p/1080pの動画が撮影できます。保存形式は共有に便利なMP4なので、スマホやSNSにすぐシェアできるのも魅力です。

GPSパフォーマンスステッカー機能により、撮影者の動く速度、距離、高度を追跡し、GoProアプリでビデオにステッカーを追加。撮影時の情報を一緒に残せるため、記録としても役立ちます。

30点以上のアクセサリーに対応しており、延長・充電・マウンド・スタビライザーなど豊富なラインナップも魅力。お気に入りのアイテムと組み合わせることで、最高の瞬間を快適に美しく撮影できます。

GoPro HERO7 White

(出典:Amazon.co.jp)

HERO7シリーズの中ではエントリーモデルとなる製品。簡単に設定できるタッチスクリーン搭載で、初心者の方でも手軽に扱えるモデルです。撮影画素数は1000万画素で連写モードがあるため、アクティブに動き回るシーンでも、シャッターチャンスを逃しません。

また、タッチするだけで写真やビデオを完璧にフレームに収められるタッチズーム機能や、自撮りに欠かせない写真タイマー機能も搭載。全てのショットを完璧に撮影できます。動画撮影は1440p60のフルHDやタイムラプスビデオに対応。縦向きに撮影もできるため、アプリから直接Instagramに投稿可能です。

2倍スローモーション撮影と、5秒もしくは、30秒の短いビデオクリップの撮影ができるショートクリップ動画機能も搭載されており、簡単に動画を撮影できます。

上位シリーズ同様に7ヶ国語対応のボイスコントロールコマンドを搭載。14種類のコマンドで、カメラに触れることなく撮影可能です。本体重量92.4gとシリーズ最軽量なところや、シリーズ初の白色というカラーバリエーションに注目が集まっています。

GoPro Fusion

(出典:Amazon.co.jp)

Fusionは5K画質で360度カメラで、Goproの中では最強のスペックです!前後に2つのカメラがあり、前後左右の360度すべての方位を撮影できます。

ゴープロの中では唯一360度撮影ができるので、天体カメラとして使いたい人、撮影方法にこだわりたいという人にはおススメです。

画質だけでなく、音声にもこだわりがあり、360°立体音響の録音にも対応。風の音をカットするウィンドカット機能も搭載されており、高性能な録音機能が全方向の音を逃さずキャッチしてくれます。

観光地で360°パノラマをバックにした自撮りをしたり、パーティーなどのイベント会場に設置して、イベントの様子を記録したりすることも可能。本製品では、撮影した画像を後で編集することを前提としているため、撮影中だけでなく、撮影後も楽しめるところも人気があります。そのほか、水深5mまでの防水性能も備えており、アクションカメラの楽しさを最大限に引き出してくれる製品です。

普通の写真や動画を撮りたい人にはfusionはオススメできません。なぜなら360度カメラで撮影した映像は、普通の動画として使う場合に編集が必要となってしまうからです。

GoPro本体以外に必要な付属品はある?

microSDカードは必須です

注意!GoProのSDは推奨SDを利用しよう

推奨SD以外は正常に動作しない可能性が高いです。

少し高価ですが、GoProは推奨のSDを利用しましょう。

街の電気屋さん等で購入すると、いろんな業者がマージンをとっているためかなり高くなっているので、Amazonでの購入がおススメです。

以下、GoPro推奨のmicroSDカードです。

Sandisk extreme【Amazon】

Sandisk Extreme Pro【Amazon】

Hero7に適したSDの条件

  • 容量64GB以上128GB以下
  • スピードクラスは30MB/秒以上⇒推奨のSDであれば問題なし

GoProの公式が推奨しているマイクロSDカードの転送速度はというと、UHCのスピードクラス3以上が推奨となっています。つまり、最低1秒間に30MBの転送速度を保証するマイクロSDカード、見分け方的にはUの中にある数値が3以上もしくはVの横にある数値が30以上のものを選べば問題ないということになります。⇒推奨のSDであれば問題なし

あれば便利な付属品

以下は、購入しておいた方がいい付属品です。

特に商品が高価なものなので、その液晶をまもる保護フィルムは欲しいです。フィルム自体は安価で購入することができるためおススメです。

保護フィルム(操作パネル&レンズの2枚セット)【Amazon】※GoPro5,6,7サイズ同じ

GoProを固定するもの(クリップマウント、ネックマウント等)【Amazon】

またSDと違い、内部に影響があるものではないので、フィルムや外部のアクセサリー類は純正でなくても問題ありません。

GoProのバッテリー持続時間について

バッテリー持続時間一覧

電池すごい減りなので、2時間以上利用したい場合は、モバイルバッテリーか、替えのバッテリーが必要になります。

モバイルバッテリー【Amazon】
GoProバッテリー【Amazon】

またSDと同様にバッテリーも純正をおススメします。

GoProの録画可能時間

GoProのバッテリー録画可能時間は、使用しているSDカードの容量によります。

録画可能時間(目安)

『sandisk extreme 64GB』(Amazon) 利用時の最大記録時間

128GB 利用時は単純に約倍で計算可能。

4K60 約2時間

1080p60 約4時間

1080p240 約2時間

コメント

タイトルとURLをコピーしました