【2019年プロレスの日記念】新日本プロレス注目選手5選(初心者の方にもおススメ)

2019年2月19日は「プロレスの日」という事で、自分が愛してやまない新日本プロレスの注目レスラーをご紹介します。

新日(新日本プロレスの略称)好きはもちろん、新日をあまり見た事ないという方にも、5人に厳選したおススメの選手を紹介しておりますので、ぜひ読んでいってください!

◆棚橋弘至

(出典:Amazon.co.jp)

この人無くしては、今の新日本プロレスはないでしょう。

今となっては人気の新日本プロレスですが、2005年~2010年頃にかけては、運営会社が倒産するのではないかと言われるくらいの人気低迷期がありました。

そんな時に先頭に立って新日を支えてきたのが彼です。

オカダや内藤など、脂がのっているレスラーの登場で、もう棚橋の時代は終わったんじゃないか…とささやかれていたのですが、2019年1.4東京ドームでIWGPヘビーの座を戴冠。まだまだ現役最前線でやれることを証明しました。

その後2月11日にジェイホワイトとのタイトルマッチで負け、初防衛とはなりませんでしたが、新日本を支えてきた強いレスラー「棚橋 弘至」の動向には2019年も注目です!

◆内藤哲也

(出典:Amazon.co.jp)

恐らく、いや確実に現時点で人気No1レスラーでしょう。

内藤が作ったユニット「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンLos Ingobernables de Japón、略称 : L・I・J)」は新日本プロレスに新たな風を起こしてくれました。

内藤登場で新日人気は爆発し、ロスインゴのグッズは飛ぶように売れ、街中でもロスインゴの帽子やTシャツをよく見かけるようになりました。

彼の人気爆発の理由は、新日本の制度や体制について、ファンが感じていた運営への不満を代弁してくれたところから始まり、試合内外で繰り広げられる自由なふるまい。運営やロスインゴ以外のレスラーに対しては厳しく、ロスインゴの仲間やファンの人達には優しい。そういった姿勢が好感度を爆発的に上げています。

内藤はメキシコ遠征以前はぱっとしない真面目なレスラーでした。

メキシコ遠征でガラッと雰囲気が変わり、人を引き付けるレスラーとなり帰ってきました。もともと優しく真面目なレスラーだった彼にカリスマ性が加わってしまうという状況になったわけです。それは人気も出ますよね。

2016年からずっと中心にいた人物ですが、恐らく2019年も彼を中心に歩んでいくことでしょう。

◆ジェイ・ホワイト

(出典:Amazon.co.jp)

現時点の実力では最強では?とささやかれているレスラーです。

オカダ、内藤に勝ち、2019年2月11日のタイトルマッチで棚橋にも勝ち、2019年2月時点でIWGPヘビー級の王座に君臨しています。

彼はファンをも挑発するヒールレスラーとして有名で、その姿と兼ね備えた実力から、まだ数は少ないですが熱烈なファンを獲得しており、これからもその力で名勝負を生み出す可能性が高く注目度はかなり高いレスラーです。

ちなみに今ジェイは以前オカダのパートナーだった外道と組んでバレットクラブに所属しています。

組んだばかりなので、さすがにまだ裏切りは無いでしょうが、外道の動向や、現在チームのまとまりが全然なく仲間同士の抗争が続くバレットクラブの動きにも注目です。

◆タイチ

(出典:Amazon.co.jp)

もともとの素質・実力ではかなりのものを持っていた人物なのですが、今まではだらだらと相手を馬鹿にするような試合をやっていたヒールレスラーです。

しかし2018年ヘビー級へ転向し、少し雰囲気が変わりました。

内藤や棚橋など、最前線を走っているレスラーとも名勝負を繰り広げ、もともと持っていた実力は、やはり最前線を走るレスラーとも勝負できるものであったということを証明しています。

ただ彼の魅力の一つである、相手を馬鹿にするような態度やマイクパフォーマンスは変わっておらず、今までと同じようにファンを楽しませてくれます。

また、彼はタイトル戦に勝手に運営が対戦相手を決める制度をよく思ってないらしく、「自分が王座を獲ったら対戦相手は自分が指名する、弱そうな相手を指名し続ける」と公言しているので、それも楽しみの一つです(笑)

◆田口隆祐

(出典:Amazon.co.jp)

彼はどちらかというと試合外でファンを楽しませてくれるレスラーです。

もともとIWGPジュニアタッグのトップを走り続けてきた選手ですが、タッグチーム「Apollo 55」の相方デヴィットに裏切られ(デヴィットはその後「バレットクラブ」を設立)、その後の試合でけがをし、長期離脱してしまいます。

けがから復帰後、約7年ぶりにIWGPジュニアヘビー王座に戴冠。その時から下ネタを連想させるような、よく意味が分からない異様コメントが続き注目を浴びます。

その後、田口を”監督”としたユニット「タグチジャパン」を結成。その愉快な戦い方やマイクから、試合内外で人気を博し、話題のレスラーになっています。

また、新日本の広告塔として、youtubeなどでも動画配信しています。

▼youtube新日公式チャンネル▼

タグチジャパンプレゼンツ!月刊69#11〜呑んで語って濃いの出しましたSP!

コメント

タイトルとURLをコピーしました